企業の事業で選ぶ

企業の行っている「事業」で検索することができます。

外食関連

日本における外食産業の市場規模は年々増加しており、2018年には25兆円以上と巨大市場となっています。
市場規模が増加している一番の要因は訪日外国人の存在であり、日本政府の統計データによると、年間訪日数が2018年には3,000万人を突破しており、2020年には4,000万人を超える予想となっています。
ですが、2020年におきた「コロナショック」を機に、年々増加してきた市場規模が崩壊し、外食事業を営む多くの企業に壊滅的な大きなダメージを与えました。
外食事業だけの企業、外食経営におけるリスクを回避するために前もって異なるセグメント事業を営んでいた企業など、各企業どのように生き残りをかけた経営を行っていくのか注目です。

2019年度の日本国内における飲料業界の市場規模(牛乳・乳飲料を含む)は、メーカー出荷金額ベースで約5兆1,000億円となりました。
この数値は年々減少傾向にあり、その原因は、「天候不順」や「配送費、梱包材料費の増加」、「若者のアルコール離れ」などが挙げられています。
また、2020年のコロナショックで外食する人たちの減少に伴い、レストランなどに卸していた飲料も大幅な出荷減となります。

飲食関連
不動産関連

 不動産業とは、主な業務内容として不動産の開発・分譲、賃貸仲介・代理業、それらに関連する管理など多種多様な業務があります。
大きく分けると、主にの6つの業務形態が挙げられます。
【デベロッパー】~都市開発、マンションやビルを開発や分譲などを行うことを主業とする不動産会社。
【コンサルティング業】~土地や建物に関する運用などについてのコンサルティング業務。
【賃貸管理業】~賃貸マンション・アパートなどの管理業務。
【売買仲介業】~アパートやマンション、事務所、店舗などの売買物件の案内・契約が主な業務。
【賃貸仲介業】~アパートやマンション、事務所、店舗などの賃貸借物件の案内・契約が主な業務。
【その他の形態】~サブリーズ、リフォーム・リノベーション等

医療関連
小売関連

※投資商品をご購入の際は、銀行や証券会社などの最新情報をご自身でご確認お願いいたします。
※本WEBサイトで提供している情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。
※投資する際は自己責任となっておりますので当サイトを元に投資をし、損失をされても責任は致しかねますのでご了承よろしくお願いいたします。

© 2021 kabuyou.com