飲料関連

飲料

2019年度の日本国内における飲料業界の市場規模(牛乳・乳飲料を含む)は、メーカー出荷金額ベースで約5兆1,000億円となりました。
この数値は年々減少傾向にあり、その主な要因は、「天候不順」や「配送費、梱包材料費の増加」、「若者のアルコール離れ」、「消費税増加や賃金低下による節約志向」など、とても多く挙げられます。
また、飲料市場はすでに成熟しており、数十社の大手企業でこのシェアを奪い合うという熾烈な争いを毎年繰り広げています。

酒類

酒類業界の市場規模は年々減少傾向にあります。
この理由の一つに、少子高齢化により酒類を消費する主要な消費層(20歳以上)の減少と、相対的に飲酒量が少ない高齢者層の増加によるためです。
酒類業界の長期的な懸念点はとても多く、「少子高齢化」「若者の酒離れ」「外食離れ」「健康志向の高まり」「会社での飲み会等の減少」「物流コストの増加」「節約志向」などが挙げられており、国内の成熟した市場のシェア争いはさらに激化されることが予想されます。

※投資商品をご購入の際は、銀行や証券会社などの最新情報をご自身でご確認お願いいたします。
※本WEBサイトで提供している情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。
※投資する際は自己責任となっておりますので当サイトを元に投資をし、損失をされても責任は致しかねますのでご了承よろしくお願いいたします。

© 2021 kabuyou.com