酒類

酒類」に関連する企業一覧です。

酒類業界の市場規模は年々減少傾向にあります。
この理由の一つに、少子高齢化により酒類を消費する主要な消費層(20歳以上)の減少と、相対的に飲酒量が少ない高齢者層の増加によるためです。
酒類の消費量の半数以上を占めるのがビール類(ビール、発泡酒、新ジャンル)であり、その出荷量も2004年をピークに減少傾向です。
酒類業界の長期的な懸念点はとても多く、「少子高齢化」「若者の酒離れ」「外食離れ」「健康志向の高まり」「会社での飲み会等の減少」「物流コストの増加」「節約志向」などが挙げられており、国内の成熟した市場のシェア争いはさらに激化されることが予想されます。
※ビール業界
ビール業界では大手4社のビールメーカーによって市場をほぼ独占しています。
2018年度におけるビール類課税出荷量によると、シェア1位は「アサヒ」で37.4%、2位が「キリン」で34.4%、3位が「サントリー」で16%、4位が「サッポロ」で11.4%となっております。
また、上位4社に対して大きく割合は離されておりますが、沖縄では高いシェアを誇っている「オリオンビール」の存在があります。

東1 名1 福証 札証 【2503】キリンホールディングス(株)[株主優待]
東1 【7616】(株)コロワイド[株主優待]
東1 【8267】イオン(株)[株主優待]

飲料関連

飲料
酒類

※投資商品をご購入の際は、銀行や証券会社などの最新情報をご自身でご確認お願いいたします。
※本WEBサイトで提供している情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。
※投資する際は自己責任となっておりますので当サイトを元に投資をし、損失をされても責任は致しかねますのでご了承よろしくお願いいたします。

© 2021 kabuyou.com