外食関連

外食

 外食というと、レストランなどの飲食店というイメージがあると思いますが、外食産業の中には、「飲食店」「宿泊施設」「社員食堂や給食」など多くの業態が存在しています。
 日本における外食産業の市場規模は年々増加しており、2018年には25兆円以上と巨大市場となっています。
 市場規模が増加している一番の要因は訪日外国人の存在です。
 日本政府の統計データによると、年間訪日数が2018年には3,000万人を突破しており、2020年には4,000万人を超える予想となっています。

ファミリーレストラン

 「ファミリーレストラン」は、客層を主に家族としているが、実際は家族だけではなく、老若男女と幅広い人たちが気軽に入店し、お手頃な価格で食事ができるレストランとして親しまれています。
 メニューも豊富であり、「和食」「洋食」「中華」「スイーツ」など食のジャンルも幅広く用意されていることも特徴です。

 現在の外食産業におけるファミリーレストラン業界は、多くの企業が参入しており、それぞれの企業が「低価格」「高価格だがクオリティーが高い」「中華に特化している」など強みを伸ばしながら他社との競争を繰り広げています。

レストラン

2018年現在、日本の外食産業におけるレストラン業界の市場規模は約15兆円といわれており、外食産業全体では約25兆円です。
 日本では多くの企業がレストラン業を経営しており、大手の企業では積極的なM&Aにより事業会社を傘下に収めながら、フランチャイズにより急激に店舗数を増やしているのが特徴です。一社でブランド名を変えたりしながら何千店舗も運営している企業も存在しています。

居酒屋

 外食産業における居酒屋というジャンルには、とても多くの企業が参入いています。
 また、大手企業の中には、一社で数百店舗を日本内外に展開している企業も存在しています。
 各企業の経営戦略も様々で、ひとつのブランド名(店名)で駅前に集中させ全国展開することにより、宣伝効果を上げ、統一したメニューをセントラルキッチンから各店舗へ配送し、コストを最大限まで落とした「格安居酒屋」を売りにする企業や、ブランド名を変えながら、各店舗のコンセプトを決め高付加価値を付け他社との差別化を図ったりと、年々厳しくなっていく居酒屋業界の中で各社しのぎを削っています。

フランチャイズチェーン店

 「フランチャイズチェーン」とは、事業形態(ビジネスモデル)の一種です。
 本部が加盟店(FC加盟店)に対し、自社商品の販売権、営業手法などのノウハウを与え、ブランド(のれん)などを使用できるように契約を結び、統一ブランドの元に営業を展開し、加盟店が得た利益の一部を本部がロイヤリティとして受け取るビジネスモデルです。現在の日本で多くフランチャイズ化されているのは、コンビニエンスストアをはじめとする小売業です。また、レストラン、カフェなどの外食業、ホテルやフィットネスクラブなどのサービス業と様々な業種で導入されています。

チェーン店

 「チェーン店」とは、経営方針や、営業方法、サービス内容などが統一されており、同一企業の元で複数の店舗が展開されている店のことをいいます。
 「チェーン店」と「フランチャイズチェーン店」の大きく違うところは、本部が加盟店に頼らず直接運営している店舗は「チェーン店」であり、加盟店に店舗運営を任せているのが「フランチャイズチェーン店」ということです。どちらも経営方針や、営業方法、サービス内容などは本部からの指示により統一されています。
 企業がフランチャイズ化せずに複数の店舗運営をする理由の一つに、高度な店舗運営が求められることがあります。

ファストフード

 ファストフードの一番の特徴は、何と言っても短時間、低料金で食事ができることです。また、ファストフードというと大手のハンバーガーチェーンを思い浮かべる方も多いと思いますが、現在の日本では、回転寿司や牛丼、ステーキ、うどん・そば、ドーナッツ、フライドチキンなど多種多様な食事がファストフード化されています。

喫茶店(カフェ)

 喫茶店の一番の売りは「コーヒー」です。コーヒーを売っていない喫茶店は聞いたこともないと思います。現在のコーヒーを取り巻く環境は日本のみならず、全世界で激化しております。どの国の企業も最良のコーヒー豆を求め、世界中をバイヤーが飛び回っています。日本でも、喫茶店業界以外にも珈琲豆を求めている企業は山ほどあります。また、自動販売機、コンビニ、自宅、オフィスなどで手軽に飲める環境や最新の機器も売り出されています。
 今後、喫茶店業界はおいしいコーヒーを提供することは当たり前ですが、過ごしやすい空間や、コーヒーに合う食べ物の提供、新たな文化(名古屋のモーニングの様な)を創り上げたりと様々な方法で差別化し、来店誘致をしてくことがますます必要になってきます。

回転寿司

 回転寿司が日本で誕生したのは、昭和33年(1958年)に東大阪市にオープンした元禄産業 株式会社の「廻る元禄寿司 1号店」でした。そこから、各企業が回転寿司業界に参入し始め、2020年現在、市場規模が約6,000億円となり日本の食文化の一つとして世界でも知られるようになりました。
 回転寿司業界では、大手5社のシェアだけでおよそ85%と高く、大手企業ならではの低価格帯による経営戦略などや漁獲量の減少による価格高騰などにより、もともと地方に根付いていた企業の経営が厳しくなり、倒産などが相次ぎました。

ラーメン

 今や国民食として定着している「ラーメン」。
 その人気はとても高く、年齢男女に関係なく老若男女様々な人たちに人気の食べ物です。
 グルメガイドでおなじみの「ミシュランガイド東京」では、コストパフォーマンスが高く調査員おすすめのレストランである「ビルグルマン」にも多くのラーメン店が掲載され、さらに高級フレンチやイタリアン、日本料理店でも獲得することが難しいとされている星を獲得するラーメン店まで登場しています。
 また、昨今では日本食ブームの影響、海外展開、日本食のユネスコ文化遺産の登録なども続き「ラーメン」の認知度は一気に世界へ広がりました。

焼肉

※投資商品をご購入の際は、銀行や証券会社などの最新情報をご自身でご確認お願いいたします。
※本WEBサイトで提供している情報は、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。
※投資する際は自己責任となっておりますので当サイトを元に投資をし、損失をされても責任は致しかねますのでご了承よろしくお願いいたします。

© 2021 kabuyou.com